本物はためらいながら描く

(テレビ番組で)日本画を鑑定する人が、
「この絵の線にはためらいがあるからニセ物だ」と。
本物はためらいながら描くもんだ。
ニセ物は本物に見せるために、サッとためらわないで描く。
~美術家 横尾忠則~