地に足を付けて

頭は雲を抜ける程に、高い理想を描いていても、地に足が付いていなければ、前には進めません。
大地をしっかりと踏みしめている感覚を、いつも感じていたいものです。