ブリリアンス漫画番外編 『裏話』

↓ちなみに、こちらが出来上がった年賀状。左のネコがブリにゃん。(白濱先生命名)

↓・・・と、その仲間たち。

(改)当サロンにおける新型コロナウイル感染症対策の基本方針

1月18日(火)更新

はじめに

鹿児島市で1月17日(月)、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が小学校や児童福祉施設などで確認されました。これらを受け、学習サロン ブリリアンスとしての、今後の感染症拡大防止のための基本方針を更新いたしましたので、ご連絡いたします。感染に対するご不安に加え、進度の遅れや学習量確保のご不安もあられる事と思います。 両面の不安に寄り添う方針は変わらず、生徒・保護者様ならびにサロンスタッフの安全を最優先しつつ、学習環境の適正な維持に努めて参ります。今後も日々変化する情勢に柔軟に対応しつつ、当サロンとしての方針を更新し、対応をさせていただきます。

1.感染症対策の基本方針 


  1. 「対面授業」と「双方向オンライン授業」を希望に応じて、選択が可能です。
  2. オンラインサービスを用いたオンライン質問対応をいたします。

(1)ご希望に応じて、オンラインによる個別指導を行うことも可能です。すでに一昨年度よりブリリアンス生に対して、ZOOMというアプリを用いたオンライン個別指導を実施しており、受講した生徒も分かりやすかったと話してくれております。接続の仕方等は、事前にスタッフがお電話等で丁寧にレクチャー 致しますので、ご安心ください。オンライン指導をご希望の方は、事前にLINEやメール、お電話にてお申し出下さい。 

(2)フリートレーニングを活用できない際は、オンライン上で質問対応ができるシステムもございますので、ご安心ください。

2.教室内での感染症対策

 かねてより、以下のような対策をとっております。


  1. 個別指導館、自学自習館ともに手指消毒用アルコールを設置。 個別指導を受ける際は、アルコール消毒を行ってから入館。自学自習館に入る際、また食事をとる際はアルコール消毒及び手洗いを促す
  2. サロン内でのスタッフ及び生徒における不織布マスク着用の徹底。(不織布マスクを持参してきていない生徒に関しては、当サロンでご準備いたします。)
  3. サロン内の高頻度接触部位(トイレ及びテーブルや椅子等)の定期的な塩素殺菌
  4. 発熱等の風邪症状の見られる生徒には、自宅で休養を取るよう指導助言する。発熱等がある者のみならず、新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国や地域等への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある場合、通塾を控えて頂き、ご相談の上、オンライン授業への切り替えもしくは振替等の対応を行う。
  5. 当サロンの立地は道路に面し風通しの良い1階であり、大きな窓も多数存在するため、常時換気扇を回し、定期的に窓・ドアを開閉し、空気の入れ替えを出来うる限り配慮。空気清浄機の完備
  6. 生徒の学習するスペースは四方を開けた席配置

以上、6つの対策をとっております。万一、当サロンの生徒及びスタッフから感染者が出た場合は、保健所の助言に従ってサロンの運用を決定します。休講処置が必要となった場合は、適宜サロンの消毒作業を行い、サロン内での対面授業を停止の上、振替授業または双方向オンライン授業で対応します。

ブリリアンスは、完全個別指導を主軸とする小規模の学習サロンであり、感染のリスクは学校や他塾と比べて最小限に抑えられるということを、生徒・保護者の皆様にご理解頂いた上で、細心の注意を払いながら授業を行なっております。学習・進路に関するご相談や、ご入会に関するご相談も、通常通り承っております。ご遠慮なくお問い合わせください。

【サロン通信】BRILLIANT TIME -2022年1月

こーーんにちはーー😊代表の西野です!

少し前のことになりますが、M-1グランプリ2021錦鯉というコンビが優勝しましたよね。

つるつる頭で、目が大きくて、白いスーツの、インパクトしかないお兄さん。

一見強面の長谷川さんですが、一度喋り出すと、おバカ丸出し全開で、そのギャップがたまりません。

相方の渡辺さんの絶妙なツッコミも合わさって、会場を爆笑の渦に巻き込んだ錦鯉。

白いスーツの長谷川さんは50歳という史上最年長で優勝した漫才師となりました。

ここに至るまでには、たくさんの苦労があったことでしょう。

そして、たくさんの人に支えられたことでしょう。

また時には心無い言葉も言われたことでしょう。

もうあきらめたら?別の道に進んだら?と言われたこともあったでしょう。

挫けそうになったことも数え切れないほどあったことでしょう。

それでもあきらめずに、優勝を勝ち取った錦鯉は本当にすごい。

一昨年も決勝戦まで進み4位になっていた錦鯉は、その時審査員に言われたアドバイスをうまく取り入れて、さらに一年芸を磨いたんだそうです。

自分達らしさは変えずに、自分達の面白さをさらに多くの人に伝えるために、意見を取り入れ、洗練させていく。

あの輝きの裏側にはやっぱり、緻密な戦略と日々の練習があるんですよね。

また50歳で優勝を勝ち取った錦鯉ですが、ダウンタウンの松っちゃんのある言葉に感銘を受けて、それを大事に心に携えていたんだとか。

それは「魂は年をとらない」という言葉。

長谷川さんはこれを涙ながらに語っていましたが、私もこの言葉にはグッときました。

魂って定義は難しいですけど、魂というものが、その人が生まれた時から持っているその人ならではのキラキラした光なのだとしたら、それが年をとることなく身のうちにいつでもあると思えるだけで、大きな力になり希望になりますよね。

そして、そのキラキラした光を放とうとして、命を燃やす。

錦鯉のあの日の舞台には、彼らの魂のキラキラとした光が満ちていたように思います。

さて、明日からいよいよ令和4年度の大学入学共通テストが始まります。

そして鹿児島県では、私立高校入試も間近に控えています。

先ほど大学入学共通テストを受験する生徒の最後の一人を送り出しました。

やや緊張した面持ちでしたが、それこそ闘いに挑もうとしている人の凛々しく美しい表情でした。

明日、受験に向かう生徒たちの心には、それぞれに様々な思いが去来していることと思います。

落ち込んだことも、くじけそうになったことも何度だってあるでしょう。

これまでに周りから心無いことを言われた人もいるかもしれません。

それでも色々なことを考えて、決断をし、自分なりの努力を積み重ねて、試験に挑もうとしています。

この2日間は特に、不安や緊張もあるかもしれません。

必要以上に色々なことを考えてしまうこともあるかもしれません。

でも、誰が何て言っても、自分自身が自分自身にどんな弱音を言ったとしても、大丈夫。

あなたにはあなたの積み重ねてきたものがあります。

受験ではそれをただただ出し切ってくるだけなのです。

良い点を取ろうと思いすぎないこと。

自分ができる限りのことをやってくれば良いのです。

そうすれば、結果は必ずついてきます。

錦鯉もきっと緊張していたと思うし、色んなことを考えてただろうと思いますが、本番では本当に心の底から振り切ったお馬鹿な漫才をして、キラキラと輝いていました。

開き直りって、実は大事なんですよ。

自分がこれまで積み重ねてきたものを信じて、最後まで、いつも通りやり抜くのみです。

ブリリアンスから応援のエネルギーを送っていますよ😊

世界に残り100枚くらいしかないブリリアンスのメッセージカードです😊

先日の新年のご挨拶2022の記事の最後に、2022年度の新規受講生募集の告知を書きましたが、早速その記事を読んでお問い合せを下さった方がいらっしゃいました。ありがとうございました。

引き続き、新規受講生の募集を行なっております。無料体験授業も行なっておりますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合せくださいませ。

新年のご挨拶 2022

明けましておめでとうございます😊代表の西野です。

2022年の初詣は、久しぶりに太宰府天満宮に行って参りました。

この数年何度も足を運びたいと思っていたのですが、コロナの影響でずっと遠慮をしておりました。

(※参拝したのは感染者の少なかった1月2日でした。1月7日現在、コロナの急拡大が伝えられておりますが、今思うと遠出ができるギリギリのタイミングだったと思っています。感染対策はしっかり行った上で参拝致しました。)

鹿児島から太宰府へは高速で3時間半、早朝に出発し午前中に到着することができました。

生徒の皆さんの学力向上と志望校合格、それから私自身の厄祓いも含めて、本殿で行われる正式参拝にて祈願して参りました。

太宰府天満宮での正式参拝は初めての経験だったのですが、他の神社と比べると重苦しさがなく、とても爽やかな空気に満ちているなあという印象でした。

学問の神様と言われる菅原道真公は、晩年この太宰府で不遇の最期を遂げられています。

ですが、もし道真公がそのような最期でなかったとしたら、このような神社も生まれず、後世にこれほどその名を残すこともなかったのではないかと思うと、自ら意識できる個人の人生を超えたところに、人はもうひとつの計り知れない大きな命の流れを生きているのだろうなあと、そんなことを思いました。

参拝後ひいたおみくじは大吉でした。
しかも数多ある太宰府のおみくじの中で、かの有名な「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」が、記載されたものでした。

王道中の王道の大吉を頂いて、学問の神様が私たちをすごく応援してくださっているような気持ちになりました。

学問 については、「平常心を以って学べば 試験入学吉」と。

2022年も、日々心を整えながら、学びの歩を力強く進めて参りましょう!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

学習サロン ブリリアンスでは、2022年度の新規受講生の募集を行なっています。

無料体験授業も行なっておりますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

2022年新スタッフ募集

代表メッセージ

学習サロン ブリリアンスでのお仕事にご興味をお持ち下さり、ありがとうございます。

ブリリアンスでは現在、中学生・高校生を指導対象とするコーチ職 (講師職)スタッフと、演習サポートや書類作成等を主として行う事務職スタッフを募集しております。

ブリリアンスには、個別指導を主軸とした独自の様々な指導形態があります。

どの指導形態に就任して頂くかは、応募される方の気質とご経験、学んでこられた学問、生徒に伝えたい思いとご希望、勤務可能な日時等を総合的に考慮して、ご提案させて頂きます。

ブリリアンスはコーチ1人に指導を任せきりにするのではなく、対話を大事にスタッフ全体で1人の生徒を見ていくサロンなので、生徒もコーチも安心して授業に入ることができます。

例えるなら、チーム医療のイメージです。

加えて、ブリリアンスはあなたのアイデアを生かせる場所であり、 共に創っていける場所です。

これまでもスタッフのアイデアと共創力によって、数々の素晴らしい学習のしくみや、 創作物が生み出されてきました。

ブリリアンスに通う生徒達がそうであるように、きっと他の塾や教育機関では得がたい創造的な経験ができると思います。

ブリリアンスの理念に共感される方で、ご自分の学んで来られた学問やご経験を生かしながら、 生徒に内在する素晴らしい力を引き出すお仕事にご興味がある方は、 是非エントリーされてください。

ご応募お待ちしております。

代表 西野雄士

スタッフインタビュー

“教える”というお仕事は、色んな学びに繋がりました。

初めてこの世界に入るとき、沢山不安がよぎりました。

「うまく教えられるのだろうか?」「生徒たちと心を通わすことはできるのだろうか?」と… ですが、温かなスタッフと共に乗り越える様々な試練は、私自身を本当に大きく成長させてくれました。

教えるとは、ただ言葉を並べ、生徒に理解してもらうことではありません。生徒たちとコミュニケーションをとり、わからないという気持ちを理解し、教え伝え、寄り添うことでした。そして、教えることに行き詰まることがあれば、先輩方のアドバイスを受け、スタッフと共に作り上げていくものでした。

みなさんも、共にこの素敵な現場で働きませんか?

コーチ 床師佑佳


ブリリアンスの柔軟な指導方針に惹かれました。

私はこの塾の他にいくつかの塾や予備校でアルバイトをしたことがありますが、他の塾と決定的に違う点は「柔軟性」だと思います。

この塾では基本となるカリキュラムやテキストはなく、すべて生徒の抱える課題や需要に応える形でスタッフが教材や指導方式を考えて指導を行います。 その分、この塾にいらっしゃる生徒さんも様々なニーズを持った方が多いです。

私も指導に当たる際、現在の立ち位置から目標の成績まで上げるために、どのくらいの量にどのくらいの質で取り組ませるべきか、あるいは目の前の成績だけでなく数年後勉強する力を身に着けさせるためにはどのような工夫が必要か、あれこれ考えることが多いです。 その分、やりがいを感じられる仕事にもなっています。

ただ、指導の100%がスタッフ一人の責任となるわけではなく、不安がある場合は代表に相談する機会もあります。 生徒と近い距離で信頼関係を築きたい、自分なりの指導を行いたい、といった方におすすめです。

コーチ 藤良あきら


自分の経験を生徒へ還元できる場。

私は主に生徒の個別指導と教室の整備を行っていました。具体的には生徒がやりたいことをヒアリングしたのちに指導を行い、授業後に取り組む自習課題を提供していました。

自分の学習スタイルを紹介したり、生徒の皆さんが詰まった部分を解きほぐしたりできるよう心掛けていました。教室の整備には、掲示板に生徒の皆さんに読んでほしいメッセージを考えて記入していました。

どちらの仕事でも「今までの自分の経験を生徒の皆さんに還元できないか」、という視点で取り組ませていただきました。学習面でのサポートはもちろんですが、自分が現役生のときに感じていた不安や葛藤に対しても寄り添いたいと考えて指導していました。

私自身には個別指導の経験がなかったため不安がありましたが、他の先生方と相談しながら仕事をできたことが私にとって大きな助けとなりました。充実感をもって生徒の皆さんにプラスになることを提供したいという熱意のある方は、ここでの仕事が向いているように思います。

コーチ 水上夕凪


アットホームな職場です。

私はコーチとは違い、事務などの裏方の仕事をしています。ブリリアンスで働き始めて3か月程ですが、ブリリアンスは1人のスタッフに仕事を任せきりにしないアットホームな職場だなと思います。

誰かスタッフが困っていたり、忙しいときはサポートできるスタッフがサポートに入ったり、指導のことで悩んでいるコーチがいたら、代表が時間を作り相談に乗るなど働くスタッフを1人にしない温かな職場です。

塾の仕事に興味があるけど、「自分で1人で指導していけるか不安」と思っている方、アットホームなブリリアンスで一緒に働いてみませんか?

スタッフ 斉藤旬

1日の流れ

18:15 出勤

生徒のカルテを確認し、スタッフとその日の時間割を確認します! 新しい生徒を持つ際には、事前に指導計画書を作成し、それをもとに代表や他コーチと指導方針を話し合うので安心して指導が行えます。

18:30 授業開始

時間になったら1対1個別指導のスタートです!生徒とコミュニケーションをとりながら、それぞれに合わせたオリジナルの指導を行うことができます。

19:30 授業終了

生徒は15分休憩後、授業で学んだことを定着させるための演習時間に入ります!ブリリアンスには、さまざまな問題集が用意されています。コーチには、生徒に合ったレベルの演習課題をピックアップしていただき、生徒に演習指示を行ったら終了です。もちろん、テキストの選定も、最初のうちは一緒にさせていただきます。

待機時間

待機時間中は、授業の準備やフリートレーニング(自習)に来ている生徒からの質問対応を行います。 帰宅する生徒がいるときは、生徒の記入したカルテを受け取って玄関までお見送りをします。
ブリリアンスでは、指導給与と、その他手当と給与形態が分かれているため、授業時間以外の質問対応の時間にもしっかりお給料がつきますので安心してください。

22:00 退勤

退勤時間になったら、身支度を済ませ帰宅になります。本日もお疲れ様でした!


勤務地鹿児島市薬師1丁目1-15-101 ブリリアンス自学自習館
募集職種コーチ職/事務職
雇用形態パート・アルバイト
勤務時間【月〜金】17:15〜22:00【⼟・日】14:45〜22:00
※上記の時間内で1時間から勤務可能な希望シフト制。
給与授業給与:1800〜2800円/60分
事務給与:1000円〜/60分
交通費支給/昇給あり/試用期間(1ヶ月)あり

気になった方は公式LINEからお気軽にお問合せください!

友だち追加

【サロン通信】BRILLIANT TIME -2021年12月

こんにちは☺️代表の西野です。

今日はクリスマスイブですね🎄

みなさんは好きなクリスマスソングはありますか?

私の今年のマイブームは、「ふーんふん、ふーんふん、ワンダホクリスマスタイム♪です。(分かりますかね?笑)

この曲、今まで私は曲名も誰が歌っているかも認識していなくて、でもなんか気分が楽しくなるなあ、踊りたくなる曲だなあと思っていたんですが、ポール・マッカートニーの曲だということを今年初めて知りました😲

流石ポール…稀代のメロディメーカーですね。

作った曲が、毎年毎年、世界中の人の気持ちを、明るく楽しくし続ける

芸術作品は偉大です。


さて、そんな素晴らしい可能性に満ちた芸術作品を作り続け、発表し続けているアーティストがブリリアンスにもいます。

Rくんは、本気で芸術作品作りに打ち込んでいる生徒で、その道で進路を切り拓こうとしています。

彼の描く絵や、撮る写真も大変素晴らしく、私はそれらを見る度にいつも詩情を掻き立てられています。

ただ彼の真骨頂は、絵を描くことや、写真を撮ることではなく、「アートプロジェクトを生み出し、それを映像作品として残すこと」なのです。

彼が最初の頃作っていた映像作品は、なかなか人に伝わらなかったのだそうです。

ここからが彼の凄いところなのですが、「なぜ伝わらないのか、伝わる作品とはどんなものなのか」を知るため、彼は自分の作品を鑑賞してもらった人たちに、良い点も悪い点もひっくるめて詳細なアンケートを取ります。

そしてその後彼は、その結果から何が言えるのかをまとめ、「自分の作品自体と、その鑑賞後のアンケート結果まで含めて、プレゼンテーションする作品」を生み出したのです。

自分の作品の改善点まで含めて、他者に意見を聞くというのは勇気が必要な行為です。

ですが彼は自分の作品をより良くするため、作品を沢山の人に見せて、必ずその作品に対する感想や意見を聞いていました。

実はブリリアンスのスタッフも、彼の新作ができる度に見せてもらっていて、率直な感想や意見を彼に伝えていました。

学生時代に自主映画制作をしていた私には、その鑑賞会の時間は、懐かしさと同時に、かつて感じていた芸術への情熱を思い出させてくれるものでした。

彼の作品は作る度に磨かれて、厚みが増していきました。

そしてついに先日、彼の映像作品が鹿児島県の高美展で「高校美術工芸教育研究会大賞」を受賞したと報告してくれたのです。

受賞した作品は、大変ユニークな試みを映像に収めたものでした。

彼の家族4人で一緒にたこ焼きをつくるのですが、それを全くの無言で、ジェスチャーや書き言葉だけでコミュニケーションをしながら行うというルールを課したのです。

コロナ禍の中で、コミュニケーションとは何か、家族の団欒とは何か、食や料理の持つ役割とは何かを感じさせてくれる面白い作品でした。

この作品は高美展のために作った訳ではなく、彼の芸術活動のひとつとして世に生み出されたものです。

賞をもらったから素晴らしいという訳ではないのですが、彼の作品がついに「人に伝わる」ものになったんだなあと思うと、大変感慨深いものがありました。

彼がこれまでずっと自分の作品と向き合い、人に意見をもらう勇気をもって、作品を磨き続けてきたひとつの結果だと思います。

そんな彼が先日、大掛かりなアートプロジェクトを行い、その一部始終を収めた映像を見せてくれたのですが、これもまた大変面白い試みがなされていました。

いつかそう遠くない未来、ポール・マッカトニーとはまた違った形で、世界中の人々をインスパイアする作品をRくんは生み出すかもしれないなあと、ワクワクしました。


さて、今回Rくんのお話をしたのは、Rくんの作品の素晴らしさを伝えたかったのと同時に、大学受験や高校受験を控えて日夜勉強をがんばっている皆さんに、いつもとは違う角度からエールを送りたかったからです。

模試の結果が良くても悪くても、毎回見せてくれる生徒の皆さんは、本当に偉いと私は思っています。

自分の結果と向き合うのは本当に勇気が要ることです。

でも私の18年の指導経験の中で、結果を毎回見せてフィードバック(あるいはフィードフォワード)をもらい続けた生徒の合格率はかなり高いです。

難関であっても夢を実現している生徒が多いです。

ブリリアンスでの個別指導は、「自分のがんばりを共に振り返り、未来への糧を与える時間」だと私は考えています。

その繰り返しが、奇跡的な展開を生む。

私はそう信じています。

一昨日は、一週間ぶりに化学の授業をした受験生の生徒さんが、劇的に解くスピードが速くなっていて、正解も導けていて、ビックリ感動しました。

受験直前にこれまでの努力が結実し、一気に成績が伸びることは多々あります。

本番が終わるその時まで、あなたの日々のがんばりに、共に糧を与え続けていきましょう。

心から応援しています。

12月のある日の自学自習館、学ぶ生徒たちの後ろ姿です。

今年も残すところあと一週間となりました。

今年一年も大過なく教室運営ができ、たくさんの「生徒の成長の軌跡」、もとい「生徒の成長の奇跡」に出会えて幸せに思っております。

ブリリアンス在籍生の皆様、新規ご入会頂いた皆様、卒業生の皆様、ブリリアンスを支えてくださっている全ての皆様に心より感謝申し上げます。

誠にありがとうございました。

ブリリアンスは12月28日(火)が授業納め、1月4日(火)が授業始めとなります。

皆さま、wonderfulなクリスマスタイムを、そして、良いお年をお迎えください🌅

2022年1月休館日のご案内

  • 1月の休館日は、毎週月曜日と、1日・2日となっております。
  • 状況に応じ、予告なく変更される場合がございます。
  • 休館日に頂きましたお問い合わせ・お申し込み等につきましては、休館日後に対応させて頂きます。予めご了承ください。
  • 開館時間は原則、平日が16時45分〜22時15分、土日が14時45分〜22時15分です。
  • 12月21日〜1月9日の期間は、開館時間が全日14時45分〜22時15分です。

いつもご愛読ありがとうございます、白濱です。

今回は、成長の軌跡として、生徒Nくんの化学でクラス1位になるまでの物語をお伝えします。

入塾当初の様子

高校2年生の時、Nくんはブリリアンスのホームページを見て、「ここなら行ってもいいかな」と思ったと、体験授業を申し込んでくれました。

当時から、化学の授業を受けたい、なんとかしたいと話してくれていて、スキル型個別指導で化学の受講を開始。

学校の授業についていけなかったり、そのような体験から、学ぶこと自体楽しく無くなってしまっている印象でした。

ターニングポイントとなった理論

授業を重ねていく中で私は、Nくんがわからないもの、不安なことをしっかり全て拾えているのだろうか、受験に間に合う指導ができているのだろうか、と不安になります。

そんな時、当時大学で学んでいた教育工学の理論のひとつである「人間性心理学」に出逢います。

人間性心理学は、

「人間は誰しも主体的に自ら成長させていくことが出来る。」

という仮定のもとに成り立っています。

生徒の成績を先生が上げるのではなく、生徒自身が自分で成長できることを信じて、成長したい!という気持ちをサポートするというものです。

私は、私がNくんが成績が上がるように指導しなくては、と思い込みすぎていたんだと心を改めました。

個別指導で教えられる時間は、週に数時間程度です。それ以外の時間で、Nくん自身が、自ら成長させていけることを信じて、Nくんの成長したい!気持ちをサポートするにはどうしたらいいか、そこに主眼を置いた指導に切り替えました。

Nくん自身が楽しい!と思える勉強法のきっかけを掴めないだろうかと、他に好きな教科はどのような勉強をしているのか、Nくんとの対話を通して探っていました。

その中で、学校でまだ習っていない単元の「先取り学習」がモチベーションになることを話してくれます。

そこからの成長はあっという間

2人で、学校でまだ習っていない有機化学の先取り学習を始めます。

それから初めてのテストでは、クラスの平均点を上回ったと報告してくれました。

授業がない日も、フリートレーニングを活用し、学校の宿題でもないのに自ら化学の難しい問題集を解き、わからなければ質問に来てくれるようになります。

初めて自ら質問に来てくれた日は、わからない問題を「知りたい!」と思って自ら動いてくれたことがとっても嬉しかったことを覚えています。

2回目のテストではなんと、化学がクラスで1位だったと報告をしてくれたのです。
言葉にならない思いが込み上げ、報告を受け涙がこぼれてしまいました。(今執筆しながらも、思い出して泣いてしまいそうです。)

1位が取れたこと、それ自体もとっても素晴らしいことです。

でもそれ以上に、Nくんがこの1位を取るまでに、どれほどの自分自身の改革を行い、自らを成長させてきたのか、その成長の軌跡に感動し、嬉しくて、尊くてたまりませんでした。

私は、Nくんのこの成長の努力を、心から尊敬します。

【サロン通信】BRILLIANT TIME -2021年11月

こんにちは😊代表の西野です!

今月号は、受験生の方は是非、③④まで読んでみてください!

①早期ご入会ミッション型個別指導につきまして

たくさんのお申し込みを頂いております。ありがとうございます!
11月より指導がスタートしました!
演習中に「?」となっていた問題が、授業時間で「!」に変わる瞬間の、生徒の顔がパーっと晴れ渡っていく様子が、とても印象的でした。

11月26日現在で、残り5席となっております。(12月19日が締め切りです)

ご興味をお持ちの方は、お早めにお申し込みください😊

②2021年度 冬期講習につきまして

今回の冬期講習は、ブリリアンス会員限定の講習となりました。

11月初旬に告知をし、申し込みはすでに締め切ったのですが、こちらも中学生から大学受験の高校3年生まで多数のお申し込みを頂きました

冬期講習では数学や理科だけではなく、英語や古文の苦手克服をしたいという生徒さんも多かったです。

短期集中型の学習は、ある単元に的を絞った「強化学習」に向いています。

「苦手だなあ…」と思っている単元が、「集中的に勉強して分かってきたぞ!結構できる問題も増えてきたぞ!」と変化すると、その前向きな気持ちが、その教科全体に良い影響を及ぼすことがあります。

短期集中の強化学習、あなどるべからず😉

具体例は次の項でお話ししますね。

③自分で勉強できるようになると、一気に飛躍する

この11月も実力考査や模試がたくさん行われました。

その中で高校3年生のKくんの伸び方は印象的だったので、ご紹介します。

Kくんは高校2年の終わり頃、ブリリアンスに入会し、主として数学を一緒に学んできました。

授業では、場合の数・確率、整数、数列、複素数平面など、Kくんが苦手とする単元をひとつずつ原理をしっかりと理解し、考えて解く力をつけることを目指しました。

一通りの苦手を克服し、学校の演習帳(←なかなか難しい)でも自力で解ける問題が増え、数学には自信をつけたKくん。

今後の授業方針について相談をしてみると、意外な事実が判明するのです。

「元々物理がものすごく嫌いで、よく分かっていないんです」

理系の生徒にとって理科は、受験の合否を大きく左右する重要な教科です。

私たちは数学から物理に的を切り替えて、これまで同様、苦手意識がある、よく分かっていない単元の解消を始めたのでした。

最初に手をつけたのが、波の式や、屈折・干渉といった「波動」分野でした。

Kくんの偉いところは、授業で勉強した問題は、きっとできると信じて、その関連問題について、重要問題集などの入試問題集を自主的に演習するところでした。

そして迎えた実力考査当日。

不運なことに、一緒に勉強した「波動」は一題も出題されなかったのです。

しかししかしなんとなんと、Kくんは他の単元の問題までしっかりと解くことができ、物理のテスト、平均点を大幅に超えることができたのです!

嫌いだった物理に対して前向きに取り組み始めていたKくん、実は他の単元の問題も自分で考えて自主的に解いており、その底力がテストで生きたのでした。

一人では向き合うことができない勉強も、信頼できる誰かと一緒であれば向き合いやすくなるものです。

そうやって少しずつ前向きに取り組むうちに、誰に指示された訳でもなく、自分の意思で「あれをやってみよう!これを解いてみよう!」と動き始める瞬間が訪れます。

その気持ちの波に乗れたらしめたもの。

コツをつかんだ上で、「自分で考えて」勉強ができるようになると、勉強自体が面白くなり、成績も一気に飛躍するのです。

※講師の先生が、最近自習館の休憩室に週替わりで描いてくれている絵です↑

④頑張ってきた人へ、これからスパークする1ヶ月半が訪れるのです

さて、実力考査や模試では、勉強しているのに成果が出ないということも多々あります。

良い結果が出たと喜んでいた矢先、その次の模試が全くうまくいかなくて成績表なんか見たくないってこともあるでしょう。

頑張ってきたのに伸び悩んで不安になっている生徒さんもいるでしょう。

私自身も受験生時代に散々経験しましたし、これまで合格してきた生徒さん達も一人残らず同様の経験をしています。

大丈夫です。

良くない結果が出ても、伸び悩んでいても、大丈夫です。

あきらめないでください。

これは、あなたが次のステージに行こうとしている証拠です。

これまで頑張ってきたあなたの頭の中には、たくさんの知識がすでに存在しています。

学習の初期段階では少ない知識しかありません。

私たちはその限られた知識だけで何とかしようともがきます。

例えば、場合の数の問題なら、エレガントな方法は分かんないからとにかく全部数えちゃえ、なんてことをしてみます。

結果として、ある程度の点数が取れたりします。

学習の段階が進み、ある程度の知識が溜まってくると、迷いが生じます

「この問題はどの方法を使えばいいんだっけ?」

「この話、どっかで聞いたことがあるぞ、だからこの選択肢正しいのかもしれない…」

など、知識が決断に迷いを生じさせるのです。

また勉強をすればするほど、これだけ勉強したのだからこの問題は解き切りたいと意地になって、難しい問題に固執してしまうこともあります。

結果として、成績が伸び悩む。

しかし、全ては次のステージに進むための準備なのです。

あなたが次のレベルの学力に到達するために必要なことなのです。

これからの1ヶ月半は、復習と演習を通じて、すでに学んだ個々の知識を再度繋ぎ直すのです。

頭の中にネットワークを作り、「ただ知っている知識」を「使える知識」に変えていくのです。

「ただ単に覚えていた解法」を、「現場で使える柔軟な解法」に変えていくのです。

これは頭の中にすでに知っている知識がないとできないことです。

また、勉強の段階がある程度進んだからこそ獲得できる新しい知識というものがあります。

例えば、数列で言えば、基本的な漸化式の解法を習得したからこそ、応用的な漸化式の解法を身につけることができます。

そして漸化式全体の解法の地図を頭の中に作ることができます。

これは勉強の初期段階では決してできないことです。

ここまでくると勉強は本当に楽しい。

「勉強銀行」に毎日毎日貯金が溜まっていきます。

頑張ってきた人へ、あなたが今嘆いているなら、実はそのこと自体が、次のステージに進む資格を手にしているという証拠なのです。

頑張ってこなかった人は、嘆くことすらできないのですから。

あなたがこれまで勉強してきた知識を尊びましょう。
それらの知識にもう一度息吹を吹き込んで、どんどんつなぎ合わせていくのです。

あきらめないでください。

次のステージはもうすぐそこまで来ています。

これまで積み上げてきた勉強の時間と、五体に宿る全ての力を信じて、スパークさせましょう。

2021年12月休館日のご案内

  • 12月の休館日は、6日・13日・20日と、29日〜31日となっております。
  • 状況に応じ、予告なく変更される場合がございます。
  • 休館日に頂きましたお問い合わせ・お申し込み等につきましては、休館日後に対応させて頂きます。予めご了承ください。
  • 開館時間は原則、平日が16時45分〜22時15分、土日が14時45分〜22時15分です。
  • 12月21日〜1月9日の期間は、開館時間が全日14時45分〜22時15分です。

2020年9月 サロン通信 BRILLIANT TIMEより (執筆者:代表 西野雄士)

その生徒さん(高校1年生 Cさんとします)は最近ブリリアンスに来られたのですが、数学に苦戦していて、高校入学後、数学のテストの得点が下がってきている状況でした。

Cさんとは相談の上で、3つのテーマを掲げて勉強を進めていくことに決めました。

①ケアレスミスをなくす
②分からないことをなくす
③勉強の習慣づけをする

①の「ケアレスミスをなくす」に関しては、Cさんの解く様子を見て、私からある特別なアドバイスをしました。

ケアレスミスをなくすというと、几帳面に見直しをするようアドバイスをするのが普通ですが、Cさんの几帳面さがミスを誘発していると思った私は、まったく真逆のことを伝えました。

具体的には「これからは○○を使い、△△は使わないで問題を解こう」というアドバイスをしたのですが、Cさんはこれを素直に実行してくれました。

最初はCさんもビックリしたと思いますが、次第に「その方法で解くのはなかなか良いなあ」と感じ始めたそうです。

②の「分からないことをなくす」に関しては、Cさんは、私との授業前に必ず質問したいことを整理してくれていたので、それをひとつずつ解決していく形式を取りました。

私の解説後に「…ということは、この場合は、○○○ということですか?」と、自分の理解を確認するような質問をしてくれるのも、Cさんの素晴らしいところでした。

③の「勉強の習慣づけをする」に関しては、Cさんは月に6回利用できるフリートレーニングの権利を全部しっかりと使って、自主学習を進めていました。

6回分、自学自習館に来る日を事前に決めて計画を立てていたんだそうです。

その結果…

休み明けの実力考査の数学では、何と前回よりも70点以上も上がり、200点満点中164点取れて、学校の先生にも驚かれたとのことでした!

答案を見てみたところ、惜しいミスはまだ若干あったものの、以前より精度が格段に上がっていて、難しい問題にもアタックできるまでに成長していました!

Cさんの短期間の目に見える驚くべき成長は、これまでに積み上げてきた「ブリリアンスならではの指導」と、Cさんの「変わりたいという思い」が、見事に化学反応を起こしたようで、私も大変嬉しかったです!


2021年11月 追記

Cさんは、その後「マスター型個別指導」から「サロン型個別指導」に移行しました。そして、数学だけでなく全教科の成績を伸ばし続け、高校2年次に進む際には、トップコースに上がれる枠を勝ち取りました。そして、そのトップコースでは、最後尾からのスタートでしたが、2021年9月実力考査では、数学でも総合でもクラス23名中 第3位を達成しています!