2021年10月休館日のご案内

  • 10月の休館日は、毎週月曜日と、8日・9日・10日となっております。
  • 状況に応じ、予告なく変更される場合がございます。
  • 休館日に頂きましたお問い合わせ・お申し込み等につきましては、休館日後に対応させて頂きます。予めご了承ください。
  • 開館時間は平日が16時45分〜22時15分、土日が14時45分〜22時15分です。

中学理科を得意科目にする方法(前編)

こんにちは!
ブリリアンススタッフの藤良です!

今回は中学理科の点数を上げたい、得意科目にしてみたいと思ってる人に向けてお話ししたいと思います🙋‍♀️

普段なかなか中学理科の指導に触れることがない私ですが、夏期講習で中学理科の指導を受け持った際、「もっとこうした方が点数取れるんじゃないかな〜 」と思うことが何度かあったので、この場を借りて少しアドバイスをしてみようかと思いました!

ただし、これはあくまで国公立の中学校に通って県立高校を受験した私の体験談なので、高校の内容を先取りして勉強してる中学生や、難関私立高校を目指している中学生には合わない方法かもしれません🙇‍♀️

それでは本題に移ります💁‍♀️


①用語・基本知識を定着させる

理科の点数を上げるためにまず最初にやることは、「①用語・基本知識を定着させる」ことです。
ありきたりに聞こえてしまうかもしれないですね。
恐らく、ほとんどの人がこれを実践しているかもしれません。
ただ、ここで一番大切にして欲しいのが「完璧にすること」です。
例えば、問題集の一問一答形式の問題は、全て5秒以内に答えが浮かんでくるまで仕上げる必要があります。
5秒以内に答えが浮かばない問題は、わからないのと同じです。赤ペンで訂正しましょう。
これが全ての問題でできるようになるまで、何度も何度も繰り返すことが大切です。
また、丁寧に勉強しようとする人ほど、理系科目である理科はじっくり考えながら取り組もうとするのですが、実は中学理科で思考力を使うべきなのは学校の授業と一部の「差をつけるための」問題くらいのような気がします。
この段階では、人に聞いたりしてゆっくり丁寧に一回通ることよりも、スピーディーに何回でも通ることの方が効果的です。

以上のことを完璧に仕上げてから問題演習に取り組むと、問題を解く効率も確実に上がりますし、何よりテストや試験本番で確実に点を獲りにいける問題が一気に増えます。

②問題演習に慣れる

そして次の段階が、「②問題演習に慣れる」ことです!
まず初めに伝えておきたいのは、「問題演習」とは言っても、実際に思考力を問うような問題はほんの一部で、大半は地道な積み重ねによって解けるようになる問題だということです!
詳しくは、問題のタイプに分けて説明していきます🙋‍♀️

〈実験の問題〉


実験の問題はぶっちゃけて言うと、初見で解けなかったら自力で解くことにこだわる必要はありません
じゃあどうすれば良いのかというと、解答解説と教科書・授業のノートをよく読んで次のことを押さえましょう!

  1. どのような物質を使っているか
  2. 実験の目的は何か、何を知るための実験なのか(どの単元で取り上げた実験なのかという捉え方でOKです🙆‍♀️)
  3. 化学反応式はどうなっているのか

以上の問いに完璧に答えられるようになるまで理解してみましょう。
中学の理科の実験問題では、大抵学校の授業で取り上げるようなオーソドックスな実験の内容を問うものが多いです。
つまり、今挙げた(1)〜(3)さえわかっていれば、ほとんどの問題に対応できるようになります
逆に、「二酸化炭素ができる実験を覚えよう」と思って勉強を始めてしまうと、二酸化炭素ができる実験の数が多く感じられてしまい、ハードルが高くなりがちになります。
大体一つの法則や決まりを知るための実験は1〜3つ程度なので、小さなカテゴリごとに実験を覚えた方が効率的なのではないかと思います。


今回お話しする内容は以上になります。
いかがだったでしょうか??
理科の問題では、「しっかり思考力を使った人が成功する」と思われがちですが、あくまで中学校理科では暗記に頼る要素がかなり大きいです。
次回では、記述問題や計算問題について取り上げていこうと思います💁‍♀️

オンライン授業、好評実施中!

はじめに

いつもご愛読ありがとうございます!ブリリアンスのコーチ兼アシスタントマネージャーの白濱です。

新型コロナウイルスの急速な感染拡大により、鹿児島県も「まん延防止等重点措置」が30日まで延長が決定致しました。

8月20日(金)に発令されてより、学習サロンブリリアンスでは、感染に対するご不安に加え、進度の遅れや学習量確保のご不安の、両面の不安に寄り添うため、【当サロンにおける新型コロナウイルス感染症対策の基本方針】を更新、実施して参りました。

それに加え、来館が不安な生徒の皆さんには「オンライン授業」への切り替えを実施しております。

今回は、ブリリアンスのオンライン授業の特徴や、オンライン授業を実施することへの想いをお伝えいたします。


ブリリアンスでは、様々なケースのご不安に寄り添い、学びの場を提供させて頂いております。

時差登校や隔日登校で、自宅学習の日に自宅から授業を受けたい生徒さんや

感染の多いとされる地域での感染への不安を抱える、遠方から通われる生徒さん

ご家庭の事情で学校を自主休校されていて、学校の進度の遅れや学習量確保の不安を持っている生徒さん

新型コロナウイルスが蔓延し始めてから、学校に行く機会が減ったり、学校に行けても感染防止の観点から休み時間に友達と話すことを禁止され、自宅学習の時間が増え、孤独な学びを強いられている生徒がたくさんいます。

しかし、オンラインを活用し、生徒を孤立させないより創造的な学びにすることはいくらでも可能です。

これからも、学習サロン ブリリアンスは「生徒が自分で学んでいく力」にオンラインの側面からもサポートし、誰一人取り残すことのない、共創的な学びに尽力してまいります。

学習・進路に関するご相談や、ご入会に関するご相談も、通常通り承っております。ご遠慮なくお問い合わせください。

【サロン通信】BRILLIANT TIME -2021年9月

みなさん、こんにちは😃代表の西野です!

ブリリアンスの夏期講習が終わりました!

学習塾や予備校の夏期講習は、生徒の皆さんはもちろん、スタッフも中々にハードなので、生徒により良い授業を提供するため、自身の体力・気力のメンテナンスがとても重要になってきます。

(有名な林修先生を始め、塾・予備校業界の経験者の方であれば共感してくださるでしょう…)

夏期講習の成功と、自身の体力・気力の維持のため、私は夏期講習中、全33日間ずっと、iPhoneのメモに一行日記をつけていました。

その日を振り返って良かったことと、明日はこれを意識して乗り切ろうということを、ひとつずつ書きました。

例えば、

8月11日(水) 第20日

♡ミッション個別指導最終回、生徒の感想に感動!
☆自分がバテないように「整える」時間をこまめにとる

というように、今日の収穫を感謝して味わい、明日への戦略を直感的に錬っていたのです。

33日間の間には、本当に様々なことがあり、(皆様ご存知の通り、お盆明けから鹿児島でもまん延防止等重点措置が取られたり…)

この日記をつけていたおかげで、なんとか乗り越えられたなあという局面が、何度もありました。

また、私はその一行日記のメモの冒頭に、夏期講習で達成したい目当てを3つ掲げていたのですが、振り返ってみると、それらが見事に叶っていたのです。

以下は実際に私がメモに書いていた、3つの目当てです。

夏期講習33の請願🌻

○予定した個別指導講座が無事に全てコンプリートされること

○生徒が少しでも受けて良かったなあと思えること

○休み明けのテストや模試で生徒が大きな成果を出すこと

※33は33日間の意味です

一番目については、WEBサイトでの授業振替システムを導入したり、臨機応変にオンライン授業対応をしたりすることで、達成できました。

二番目については、先月のサロン通信でも書きましたが、夏期講習を受講してくれた多くの生徒が、自分の成長について熱い感想をカルテに書き残してくれました。

そして三番目について。

現在、夏休みの最後に行われた模試や、定期考査の結果が返ってきているのですが、続々と目に見える大きな成果が報告されています。

箇条書きになってしまいますが、

  • 全統マーク模試の数学(特に2B)の結果が、飛躍的に伸びた高校3年生の生徒多数❣️
  • 全統記述模試の数学の自己採点の結果が、過去最高に良かった高校2年生の生徒❣️
  • 統一模試の数学で初めて80点以上取れて、とっても嬉しかった中学2年生の生徒❣️
  • 夏期講習でがんばった理科(化学)をはじめ、期末テスト5教科全体で、いつも以上の良い結果を出せた中学2年生の生徒❣️

 …など、他多数

と、高校生から中学生まで、目に見える成果が続出しているのです。

がんばったことが実を結ぶのは本当に嬉しいですし、それがまた未来への活力になりますよね。

※ちなみに、これまであまりお話する機会がございませんでしたが、

ブリリアンスの受講生の構成比率(2021年8月時点)をご紹介しますと… 

[高校生]

鶴丸高生(30%)、志學館高生(17%)、鹿児島高生(10%)、樟南高生(10%)、池田高生(7%)、その他、甲南高生など、様々な高校の生徒が在籍しています。

[中学生]

高校受験をする生徒と、中高一貫校の生徒の比率は、ほぼ1:1です。

[自学自習館で集中してフリートレーニングに勤しむ受講生達  2021年8月撮影]

ブリリアンス自学自習館は、角地の建物の一階にあり、大変換気が良いです。

加えて常時、大型の空気清浄機と換気扇を稼働しております。

また、生徒の自習席はそれぞれ独立しており、机の四方に空間を作ってあります。(全国学習塾協会の感染症対策のガイドラインに則っています)

また、先日更新した感染症対策の基本方針にも書きましたが、希望者の方(現在は受講生の約9%)に、オンラインによる個別指導授業も行っています。

昨年より一貫して、生徒・保護者の皆様の、「感染の不安と学習の遅れに対する不安の両面に寄り添う指導」をして参りました。

9月以降も引き続きこの方針を守り、スタッフ一丸となって、ブリリアンスならではの学習指導を行なって参ります❗️

新しい請願を胸に🌈

2021年9月休館日のご案内

  • 9月の休館日は、毎週月曜日となっております。
  • 状況に応じ、予告なく変更される場合がございます。
  • 休館日に頂きましたお問い合わせ・お申し込み等につきましては、休館日後に対応させて頂きます。予めご了承ください。
  • 開館時間は平日が16時45分〜22時15分、土日が14時45分〜22時15分です。

当サロンにおける新型コロナウイルス感染症対策の基本方針

2020年4月17日(金)

2020年7月7日(火)

更新:2021年8月18日(水)

はじめに

新型コロナウイルスの急速な感染拡大により、8月20日(金)〜9月12日(日)までの期間、鹿児島県も「まん延防止等重点措置」が適用されることとなりました。それらの決定を受け、学習サロン ブリリアンスとしての、今後の感染症拡大防止のための基本方針を更新いたしましたので、ご連絡いたします。感染に対するご不安に加え、進度の遅れや学習量確保のご不安もあられる事と思います。 両面の不安に寄り添う方針は変わらず、生徒・保護者様ならびにサロンスタッフの安全を最優先しつつ、学習環境の適正な維持に努めて参ります。今後も日々変化する情勢に柔軟に対応しつつ、当サロンとしての方針を更新し、対応をさせていただきます。

1.感染症対策の基本方針 


  1. 「対面授業」と「双方向オンライン授業」を希望に応じて、選択が可能です。
  2. オンラインサービスを用いたオンライン質問対応をいたします。

(1)ご希望に応じて、オンラインによる個別指導を行うことも可能です。すでに昨年度よりブリリアンス生に対して、ZOOMというアプリを用いたオンライン個別指導を実施しており、受講した生徒も分かりやすかったと話してくれております。接続の仕方等は、事前にスタッフがお電話等で丁寧にレクチャー 致しますので、ご安心ください。オンライン指導をご希望の方は、事前にLINEやメール、お電話にてお申し出下さい。 

(2)フリートレーニングを活用できない際は、オンライン上で質問対応ができるシステムもございますので、ご安心ください。

2.教室内での感染症対策

 かねてより、以下のような対策をとっております。


  1. 個別指導館、自学自習館ともに手指消毒用アルコールを設置。 個別指導を受ける際は、アルコール消毒を行ってから入館。自学自習館に入る際、また食事をとる際はアルコール消毒及び手洗いを促す
  2. スタッフ及び生徒におけるマスク着用の徹底
  3. サロン内の高頻度接触部位(トイレ及びテーブルや椅子等)の定期的な塩素殺菌
  4. 発熱等の風邪症状の見られる生徒には、自宅で休養を取るよう指導助言する。発熱等がある者のみならず、新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国や地域等への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある場合、通塾を控えて頂き、ご相談の上、オンライン授業への切り替えもしくは振替等の対応を行う。
  5. 当サロンの立地は道路に面し風通しの良い1階であり、大きな窓も多数存在するため、常時換気扇を回し、定期的に窓・ドアを開閉し、空気の入れ替えを出来うる限り配慮。空気清浄機の完備
  6. 生徒の学習するスペースは四方を開けた席配置

以上、6つの対策をとっております。万一、当サロンの生徒及びスタッフから感染者が出た場合は、保健所の助言に従ってサロンの運用を決定します。休講処置が必要となった場合は、適宜サロンの消毒作業を行い、サロン内での対面授業を停止の上、振替授業または双方向オンライン授業で対応します。

ブリリアンスは、完全個別指導を主軸とする小規模の学習サロンであり、感染のリスクは学校や他塾と比べて最小限に抑えられるということを、生徒・保護者の皆様にご理解頂いた上で、細心の注意を払いながら授業を行なっております。学習・進路に関するご相談や、ご入会に関するご相談も、通常通り承っております。ご遠慮なくお問い合わせください。

【サロン通信】BRILLIANT TIME -2021年8月

みなさん、こんにちは😃代表の西野です!

賛否ある中でのオリンピックの開催と閉幕、コロナ感染者数の大幅な増加、そして大雨による災害…。

どれかひとつだけでも大変な事なのに、この夏はそれらが立て続けに起こっていて、日々対応されている方々のご苦労はいかばかりかと思います。

また例年であればお盆の時期は、遠方に住む親族が顔を合わせることができたり、心静かに先祖の霊に手を合わせたりすることができる時期なのに、今年もそれが叶わなかった方々も多かったのではないかと思います。

お盆は本来、職場や学校から一旦離れ、一族の中の自分に帰って、「普段使っていないけれど、とても大事なチャンネル」の調整を行う期間だと思っています。

社会の中で生きる1人の人間としての、ベースとなる部分の調整ができないまま、引き続き仕事や学業に邁進していこうとしても、なかなか力が出ないかもしれません。

 

このブログを読んでくださっている、鹿児島県外で勉学や、お仕事に勤しんでいるブリリアンス卒業生の皆さん。

帰省もできず、家族が近くにいない中で、コロナや自然災害に備えながら生活をすることは、不安だったり寂しかったりするだろうと思います。

リアルでは、誰かと会って連帯することがなかなかできなくなってしまいましたが、決して、家族や友達との連絡を遠慮しないで。

オンライン上ではありますが「人に甘えること」を自分に許してあげてくださいね。

私も身に覚えがありますが、大学1年目や社会人1年目の心細さは、なかなかに大きいものです。

1人で立派にがんばるんだー、と気を張り過ぎず、誰かに上手に頼りながら生きるんだー、と思って、日々を過ごすのがちょうど良いです。

学習サロン ブリリアンスは、オンライン上にいつでも存在して皆さんを見守っています。

帰って来れなくても、何か話したいこと、相談したいことがあれば、気軽にLINEオフィシャルにメッセージをしてくださいね。

✳︎✳︎✳︎

ブリリアンスの夏期講習、前半戦を終えました!

夏期講習では、演習を軸とした独自の個別指導を行っていて、4回が1セットなのですが、この1セットでやり切る演習量はかなりのものになります。

しかし、どの生徒もくじけることなく、コーチ陣のサポートと個別指導を受けながら、次々と決めた目標を達成していきました。

1人で毎日ランニングをするのは、強い意志の力と習慣化が必要ですが、「一緒に走ってくれる人」と「いつ一緒に走るかという約束」があれば、人は割とスムーズに実行できるものです。

私も夏期講習の講座を幾つか担当したのですが、生徒の成長の様子に感動させられることが多々ありました。

その一つをご紹介します。

 

夏期講習から参加してくれている、ある生徒(Aくんとしますね)のお話です。

Aくんは、数学の「場合の数・確率」が苦手だということで、4回1セットの夏期講習の講座を受講しました。(例年、場合の数・確率に苦手意識を持つ生徒さんは、多いんですよね。)

受講当初は、理解があいまいになっている部分も多く、問題が解けずにストレスを感じることも多かったのではないかと思います。

ですが、Aくんが素晴らしかったのは、「ブリリアンスの夏期講習のモットー」をしっかり理解して、学習計画に毎回丁寧に取り組んでくれたことでした。

ただ問題をこなすだけでなく、「図を描いて考えること」「大事なポイントを自分の言葉で要約してみること」「自分で解決を試みても、どうしても分からない問題に印をつけて視覚化し、授業時に質問すること」といった目当てを意識しながら、演習をしっかりと進めてくれたのです。

また余力がある場合は、決められた範囲を超えて、チャレンジ問題まで自主的に取り組んでくれました。

回を重ねる毎に、Aくんの顔つきが変わっていくように感じられました。

そして最終第4回。

全ての演習と授業が終わり、最後にこの4回の講座を振り返って感想を書いてもらったのですが、A君がその感想を書く姿に、私は心を打たれました。

1、2行の簡単な感想で良かったのですが、Aくんは、何行も何行も一心不乱に感想を書き込んでくれたのです。

その感想には、次のような言葉が書かれていました。

「…どの問題において何を使えばよいかが分かるようになり、確率の問題・場合の数の問題を解くことが楽しくなっていった

私はこの「楽しくなっていった」という感想が大変嬉しかったです。

実際、最終回に行った小テストでは、A君は満点を取ることができましたし、実力も着実についていました。

世の中には毎日、何千何万という採点されたテストの答案が生まれている訳ですが、その中で「解くのが楽しい」という感覚のもとに生み出されたものが、一体どれだけあるんだろうなあと思います。

 

残念ながら、この1年半の間にブリリアンスに加入した生徒の、顔の下半分を私はほとんど見たことがありません。

話をしていても、口元が笑っているのかどうかは分かりません。

生徒の目を見つめるしかありません。

Aくんだけでなく、多くのブリリアンス生の、マスクに覆われていない二つの目が、この夏を通じて、静かに輝きを増しています。

やるっきゃない!

皆様お疲れ様です。マネージャーの是枝です。
夏休みに突入しましたね〜。学生諸君は充実した生活が送れていますか?
夏休みは学習面はもちろんのこと、部活動やプライベートなことにも、より一層力を入れることができる期間ですよね!

私も学生の時は、充実した夏休みを過ごしたもんです。
友人とお祭りや海に行ったり!(←夏だね!)
バイクであちこち出かけたり!(←青春だね!)
筋トレやバイトに明け暮れたり!(←・・・おや?)
漫画やゲームに明け暮れたり!(←・・・勉強は?)
ビリーズ・ブートキャンプに明け暮れたり!(←古い!!)

さて、夏休みということで、ブリリアンスでも夏期講習が始まりました!
毎回、特別講習期間中は普段以上に活気づき、とても良い雰囲気です!
夏期講習の詳細等に関しては、後日、西野先生がこのブログで報告してくれると思うので、お楽しみに!(←丸投げ)

しかし今年の夏は、良いことばかりではありませんでした・・・!!
コロナウイルスのワクチン接種の関係で、スタッフ一同のスケジュールの見通しが悪いんです!
この影響で、通常授業・特別授業のコマの設定がしづらかったり、振替の設定がしづらかったり、ご面談や問い合わせ等の対応に時間がかかってしまったりと、生徒や保護者の皆様にご迷惑をお掛けすることになってしまいました。誠に申し訳ございませんでした・・・。

『より良い学びを提供したい』という想いは変わらず、生徒達へ尽力していきますので、今後も学習サロンブリリアンスを、よろしくお願いいたします!!

夏期講習も残り後半!皆で頑張っていきましょう!!

2021年8月休館日のご案内

  • 8月の休館日は、毎週月曜日と13日・14日・15日・31日となっております。
  • 状況に応じ、予告なく変更される場合がございます。
  • 休館日に頂きましたお問い合わせ・お申し込み等につきましては、休館日後に対応させて頂きます。予めご了承ください。
  • 7月より、開館時間が変更となりました。(平日:17時00分〜22時30分→16時45分〜22時15分 土日:15時00分〜22時30分→14時45分〜22時15分)
  • 夏期講習期間のため、8月は開館時間が通常と異なります。(全日:14時45分〜22時15分)

オンラインコーチの床師です!

みなさんこんにちは、コーチの床師です!主にオンラインで指導をしています!

今月から私もブログを書かせていただくことになりました。

このブログでは、私の経験してきたことなどを書いていき、それがみなさんの為になれば良いなと思っています。

自己紹介

まず初めに、自己紹介をさせていただきます。


  • 名前:床師 佑佳
  • 担当科目:高校化学・物理・数学・英語、中学理科・数学
  • 出身:鹿児島
  • 好きな食べ物:甘いもの全般(ホイップクリームが乗っていたら、床師は飛びつきます。)
  • 好きな動物:猫
  • 日課:猫動画を探しまくり猫を愛でる、外国のお菓子のASMRを聞く
  • 座右の銘:猪突猛進(干支が猪です!)

オンラインの良さ

私は主に、オンライン(授業や質問対応)で皆さんと交流をしています。

みなさんは、「オンライン授業」と聞くと、なんとなく不安な気持ちになりませんか?私自身、初めはとても不安でした。直接、対面で行う授業と比べると、うまく伝わらないことが多いのではないかと危惧していました。

しかし、授業の回数を何度も重ねていくうちに、オンラインにはオンラインの良さがあることに気付かされました。その良さを知ってもらい、ぜひ皆さんに活用をしていただけたらと思います!

オンラインだと、色んな図や参考内容を提示することができます。

色んな視点で学習内容を伝えることができるので、授業を受ける生徒の視野を広げることができるのではないかと思います。

尚且つ、最近ではそういったまとめサイトなどもあり、スマートフォンやタブレットが馴染んだ今の時代にはうってつけの隙間時間の活用にもなるはずです!

次に、オンラインにおける会話は、生徒とはほぼ一対一の空間での会話となります。

私は、周りに人がいる中で、自分の苦手な科目の話をするのはあまり得意ではありませんでした。

オンラインだと、直接対面よりそういった相談がしやすいことで、生徒の負担は軽減するのではないかと感じました。

さらに、これからの時代、どんどん機械化が進んでいきます。

小学生でもプログラミング教育が必修科目になりました。そんな時代を生徒たちは生きていき、将来は仕事をしなければなりません。

今のうちにスマートフォンやタブレット、パソコンなどのメディアにも慣れることで、学習としてのメディアの活用をどんどん覚えてもらいたいと感じます。これらの正しい活用法であるメディアリテラシーを身につけることが、今まで開拓したことのない勉強における視点を与えてくれるのではないでしょうか。

伝えたいこと

私が学生時代に悩んでいたことは、皆さんと同じで、勉強法や一日の過ごし方でした。しかし、今振り返ってみても、一番良い勉強法や有意義なスケジュールなんてものはありませんでした。必死に勉強法を模索して、1日を振り返り、また明日という日を効率的に過ごす、この繰り返しでした。でも、この”もがいてみる”という行為が1番の成長だったのではないかと今でも強く感じます。苦しい思いをしているそのひと時は、本当に切なく、孤独で、どうしようもなく道に迷いそうになってしまうと思います。ですが、その暗闇の瞬間が成長の瞬間で、そして、暗闇を抜けた時の新たな自分の姿を決める瞬間でもあります。

ブリリアンスは、そんな暗闇の中の一点のランプのように、または安心できるお守りのように、いつでもここにあることを忘れないでください。悩むことがあればいつでもブリリアンスのスタッフが全力でサポートいたします!

【サロン通信】BRILLIANT TIME -2021年7月

みなさん、こんにちは☺️代表の西野です!

おかげ様で先月6月15日にブリリアンスは11周年を迎えました!

聞いてください、この時にちょっと嬉しいことがあったのです!

 

昨年の10周年の際、有難いことに、ある方から、立派な胡蝶蘭を頂きました。

花がすべて落ちた後、私はその枝を切り、適度にお水をあげながら、日が差し込む個別指導館の片隅で、その生育を見守って参りました。

ほぼ半年間は何も変化がなかったのですが、春になって、新しい枝がニョキニョキと伸びてきました。

そして5月頃になり、新しいつぼみが2、3個現れ始めたのです!

「これは咲くのか?新しい花が咲くのか?」と、期待に胸を躍らせていたのもつかの間でした。

それらのつぼみは次々と枯れて落ちてしまったのです。

「くー、やっぱり花を咲かせるのは難しいのかなぁ…」

私の心の中の嘆息を胡蝶蘭が聞いていたのか聞いていなかったのか、それは分かりません。

開花については、なかば諦めかけていたある日のことです。

出勤後、私が個別指導館のドアを開け、胡蝶蘭の方に目をやると、そこにはなんと!

真っ白な花が入り口に顔を向けて、私を出迎えてくれているではありませんか。

しかも、ひとつではなく、ふたつも!

「やったーーー!ついに咲いた!」

胡蝶蘭が花を咲かせたその日は、11周年のちょうど2日前の土曜日でした。

本当に粋(いき)な、お花です。

11周年を祝うかのように、タイミングを合わせて咲いてくれるなんて。

 

そして月並みかも知れませんが、私はこの花の姿に、生徒の成長の姿を重ね合わせました。

本人も努力し、周りもサポートし続けていても、目に見える成長がない時期があります。

しかし、目に見えない所で、ひそかに着々と生長は進んでいる。

例えば、つぼみがふくらむというような、良い兆候が見られても、それがしばらくして、立ち消えてしまったように感じられる日もあります。

でもそれも実は、真の開花をするためには必要なプロセスなのかも知れません。

そして、たゆまず静かな生育を続け、機が熟した瞬間、ついに大きな成果の花を咲かせる時が来るのです。

しかも、それは、大事な日の直前という絶妙なタイミングで。

 

生物の生長とは不思議なものです。

私はこの日まで「私が胡蝶蘭の生育を見守ってきた」とずっと思っていました。

でも実は「胡蝶蘭の方が私を見守ってきてくれたんだなあ」と、はたと気付きました。

子どもは親の心をよく知っているんですね。

親が子どもを見守っているようで、子どもが親を見守っている。

そういう観点を忘れないようにしたいなあと、改めて思いました。

 

さて、ブリリアンスでは7月20日より、夏期講習がスタート致します!

ブリリアンス会員の皆様には、夏期講習のご案内をお送りしておりますが、改めて今年の夏期講習の特長をお話ししますと…

  • 演習がたくさん積める!
  • 生徒のレベルとペースに合わせられる!
  • 生徒の「分からない」に個別に寄り添える!

の3点が揃った、ブリリアンスの伝統に裏打ちされた個別指導コースになっております!

現在、すでにたくさんのお申し込みを頂いておりまして、7月11日(日)が申込締切日となっております。

(※席数に限りがあり、場合によってはご希望通りにご案内できない場合がありますことを、あらかじめ了承くださいませ)

これまでも夏の集中的な演習を礎にして、大きな飛躍を遂げた先輩方がたくさんいらっしゃいます。

今年のブリリアンス生の皆さんに、これからどんな花が咲いていくのか、とても楽しみにしています!

共にがんばりましょう☺️

理系教科のセンスがないと思っている人へ(後編)

お疲れ様です。スタッフの藤良です。
医学部受験記の中の人です。

先日、「理系教科のセンスがないと思っている人へ(前編)」というブログで、ざっくりまとめると「理系教科が苦手だと思うなら基礎の鬼になりましょう!」という話をしました。
今回はその続編として、物理の学習についてお話ししたいと思います。

〈物理〉

物理についてですが、私は教科書を徹底して読み込むことをおすすめしたいと思います!

物理のエッセンスのような世間でスタンダードになりつつある参考書や、学校の先生が配布してくださるプリントがある中で、教科書の理解にこだわる私はかなり過激派だったのかもしれませんね(笑)
でも、一度も後悔したことはありません。
教科書を丁寧に理解していてよかったと後からも思うからです。

教科書には当たり前のことしか書いてない、といえばそれまでなのですが、その当たり前なことを疎かにした分だけ解けない問題は増えていくんです。

教科書を端から端まで何度も読み込むという過程で、それまで丸覚えしていた公式がなぜそうなるのか手に取るように理解できるようになっていきます。

たとえば、万有引力のもつエネルギーに−(マイナス)がついているのには、しっかりとした理由があるのです。

物理が少しでも苦手じゃなくなる、あるいは少しでも得意になるためには、こういったことをスラスラ説明できるようになることから始まるのではと思います。

私はこのような勉強を積み重ねることで、高校2年生の時に、難関大志望の同級生が何人もいるクラスで1番になることができたり、名門の森のような少し難しい問題集にも太刀打ちできるようになりました。

〈最後に〉

私の自慢話のように聞こえてしまっていたら申し訳ないです💦
少しでもイメージがつきやすければと思い、具体例を挙げてみました。

もちろん、難関大の二次試験で戦える力を確実に身につけるためには、私が今紹介したよりはるかに多くの努力を積み重ねたり、いくらか数学的・物理的センスに頼ったりしなければならないかもしれません。

それでも私は、センスに恵まれていなくても、努力次第では少なくとも医学部合格や共通テストでの満点獲得は狙えるところまで力をつけることができるのではないかと思います。

また、基礎を徹底するという言葉は簡単に聞こえますが、決して楽ではありません。
眠たいなか、手も動かさずに教科書やチャートと睨めっこする時間が苦しく、中断したくなることだって何度でもあります。

ただ、それに負けずに着実に力をつけた人は、やってこなかった人に差をつけられる場面が訪れるはずです!