次の時代に生きる力を

9月1日より、自学自習館ページがリニューアルされました。

変更点は大きく2点あります。

これまで特訓コースと呼んでいた自学自習館の指導方法が、「ミッショントレーニング プログラム」と「フリートレーニング プログラム」の2タイプへと進化しました。

また、これまで、特訓コースは個別指導を受けている生徒だけが受けられるオプション講座でしたが、このプログラムのみを受講できる生徒の募集も再開しました。

「ミッショントレーニング プログラム」はやり抜く力を身につけ、自ら飛躍的に数学・理科の力を伸ばしていくことを目的としたプログラムであり、「フリートレーニング プログラム」は、優先順位をつけて実行する力と新しい学習習慣を身につけ、日々の学習に追われるのではなく、追いかける態勢をつくることを目的としたプログラムです。

これらは、自学自習館の創設以来、さまざまな生徒の学習状況を見て、旧特訓コースを改良していった結果生み出されたものであり、現代の様々なスタディメソッド、ライフハックを盛り込んでいます。

詳しい内容は自学自習館ページに記載しておりますので、本日のブログには、少々大げさにはなってしまいますが、そこに書き切れなかった、私(代表西野)の思いを書きたいと思います。

大人も子どもも、自分に眠っている力を自ら引き出していくことは奥深く、エキサイティングで、とても面白いものです。

15年の学習指導を経て、近年特に、自分に眠っている学ぶ力を掘り出していくための、様々な手法を伝え、それらを習慣化していくためのプログラムを提供したいと考えるようになりました。

その理由のひとつに、20世紀までの社会システムが機能しなくなり、科学技術がものすごいスピードで進化を続ける2010年代以降は、新しい知識や価値観をうまく取り入れ、自分の生活の中に調和させていくことがとても重要になってくる、ということがあります。

たとえば、インターネット登場以前は、「いかに他者とつながるか?」が人々のテーマであったのに対し、近年は「SNS等で他者と四六時中つながっているなかで、いかにうまくやっていくか?」がテーマになってきています。

そのためには、そのような新しい文化の良い所をうまく取り入れつつ、セルフコントロールをできる能力がとても大事になってきます。

今後は、様々な角度から「学ぶ」ことを楽しみ、自己に眠る様々な能力を引き出し、そしてそれを独自の切り口でアウトプットし続けられる人が、劇的に変化を続ける社会と調和し、「実り多き」日々を送ることができると思うのです。

そういった能力はおそらく、学校だけでなく、職場においても、家庭においても、趣味や人間関係あらゆる面において必要になってくるでしょう。

「生涯学習の時代」とは、そのような意味だと私はとらえています。

今回、新しくリリースした2種類のトレーニング プログラムは、受験勉強に役立つことはもちろん、生涯に渡って活用できることを意識してつくられています。

自ら学ぶことを楽しみ、自らに眠っている力を引き出していくことを楽しむ。

そんな子どもたちや、大人たちが増えていくことで、これからの社会はもっと明るく豊かになっていくのではないか、そんなイメージを私は描いています。

よろしければ是非、新しくなった自学自習館ページをご覧ください。